※通院中、治療中の方は主治医にご相談の上、参考にしてください

ちょっと一息 Q&A(1歳):ご飯しか食べない、おかずしか食べない

Q、ご飯しか食べてくれません。白ご飯にふりかけをかけると、さらに食べてくれますが、お肉、お魚は少し食べる程度です。食べれる野菜は決まっています。栄養は足りているでしょうか?

A:ご飯をしっかり食べていれば、体重は増加してくるので、とりあえずは安心してください。おかずについてはゆっくり、進めていきましょう。

 

まず、お豆腐は食べれていますか? お豆腐を嫌いという赤ちゃんはあまり聞いたことがありません。とりあえず、お豆腐でたんぱく質は何とか確保できそうです。

 

「鶏のから揚げ」だけは食べれるというお子さんも多くみられますが、1歳頃になると、鉄分が足りなくなってきますので、赤身の肉や魚を少量でもご飯に混ぜて食べることが出来るといいですね。

 

また、フォローアップミルクやベビーフードの中には鉄分が含まれているものも販売されているので、それを上手に活用してもいいと思います。☟

 

 

 

これなら、野菜も少しは取れそうです。野菜は何が食べれるでしょうか? 人参? ブロッコリー? トマト? フルーツなら、バナナ? りんご? みかん?は食べれるかしら? ビタミン、ミネラルが栄養素としてほしいので、フルーツも上手く使ってください。ただし、フルーツは甘いものです。甘くないと食べない!になってしまうと、”野菜は甘くなくて美味しくないもの”になってしまうので、フルーツと野菜、そしてママの魔法の声掛けを上手に使って、食べず嫌いではなく、一口食べれるところから始めてみましょう。

Q:おかずしか食べてくれません。体重の増加も停滞気味で心配です。体重を増やすためにも、ごはんをどのように食べさせたらよいか?教えて下さい。

A:体重が増えていかないと、ちょっと心配になりますね。ご飯にこだわっているようですが、炭水化物であるパンやうどんが食べれるのであれば、まずはその炭水化物の量をしっかり摂って、体重を徐々に増やしていくことが大切になります。

 

パンやうどんは食べれてますか?パンやうどんが食べれているならとりあえず、成長には問題ありません。パン・うどんが食べれていて、白飯だけが嫌いなようであれば、白飯に味(塩分)がないのを嫌っているかもしれません。お子さんの好きなおかずに少しだけ、白飯を混ぜてみましょう。しょうゆを1滴垂らすだけで、食べてくれるお子さんもいます。

 

いも類はどうですか? 白飯だけでなく、パンやうどんもあまり好きではない場合はさつまいも、じゃがいも、かぼちゃ等でも構いません。ヨーロッパなどの主食はじゃがいもですから。7か月以降でしたら、じゃがいもにふんわりラップをして、レンジで加熱したものにマヨネーズ、ケチャップ、バターなどを耳かきほど(1g)で味付けしたものをあげてみてください☟

 

 

ただし、そればかり出していると途中で全く食べなくなってしまうお子さんの話をよく聞きます。続けて同じ種類を出すことは避けた方がよさそうです。大人だって、大好きなカレーライスが3日も続くようなことがあったら、嫌になってしまいますよね。

 

白飯に工夫をしても食べてくれない場合は別の理由があるはずです。食感が嫌い? 上手く飲み込めていない? など別の理由を解決してあげる必要があります。子どもが嫌いなものを大人が決めつけてしまうことで、本当に子どもが食べなくなってしまうこともあります。お子さんにとって「食べれるよ」「ママと一緒に食べようね」「美味しいね」など大人の肯定的な声掛けがいろんなものに挑戦できる力にもなります。(管理栄養士 こざわさなえ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です