※通院中、治療中の方は主治医にご相談の上、参考にしてください

保育園給食

頭がよくなる『神経伝達物質』

神経は1本の線ではなく、シナプスと呼ばれる神経と神経とのつなぎ目があります。そのシナプスには「シナプス間隙」と呼ばれる隙間があり、その部分は電気的な刺激をきちんとつなげることが出来ません。そのため神経を伝わってきた電気的刺激は、伝わってきた側の神経の終わりに近づくと特有の化学伝達物質を放出するように働きかけますが、これが神経伝達物質なのです。放出された神経伝達物質は次の神経にある受容体と呼ばれる部分にくっつき、また、電気的刺激となって次のシナプスまで情報を伝えます。

神経伝達物質として、ドーパミンがあります。ドーパミンはやる気を起こさせてくれる大切な神経伝達物質です。

他にGABAがあります。GABAは体をホッとさせてくれる神経伝達物質です。

神経伝達物質は口から摂ってもあまり吸収されることはなく、材料となるアミノ酸から摂る必要があります。手っ取り早くサプリメントを摂るのではなく、バランスの取れた食事から栄養素をしっかり摂って、運動や脳を使うことによって、体が自然と適切な量の神経伝達物質を作ってくれます。これさえ食べていればという食材や栄養素はありませんが、これらが不足すると神経伝達物質を作る材料が足りず、脳に様々な悪い影響が出る可能性があります。このサイトでは保育園での給食レシピを参考にしていただき、お子様の「脳」と「体」の健やかなる成長を応援していきます。

保育園給食 栄養&おやつレシピ じゃがいもお焼き

じゃがいもお焼き 材料 じゃがいも 中2個(140g) 小麦粉 大さじ4(32g) きゅうり 中1/3本(30 …

コメントなし

保育園給食 栄養&おやつレシピ 集中力を高めるカルシウム:牛乳

にんじん蒸しパン 材料 ホットケーキミックス 200g 卵 1個(約50g) にんじん 50g(中1本) 牛乳 …

コメントなし

保育園給食 栄養&おやつレシピ 血液をサラサラにして脳に届ける(硫化アリル):新玉ねぎ

新たままねぎの季節ですね。今回は熊本のサラダ玉ねぎ、サラたまちゃんを使った保育園給食レシピをご紹介します。まず …

コメントなし

保育園給食 栄養&レシピ 記憶力(DHA):青魚

イワシのかば焼き 材料(大人2人分+子ども2人分) イワシ 4尾 小麦粉 大さじ1 植物油 大さじ2 A みり …

コメントなし