※通院中、治療中の方は主治医にご相談の上、参考にしてください

9~12か月ごろ:赤ちゃんの様子・育児ポイント

赤ちゃんのいる生活に慣れてきたところですが、生活リズムは赤ちゃんの成長に影響を与えます。大人中心の生活にならないようにし、家族はできるだけ協力しましょう。赤ちゃんと一緒の時間に寝ないにしても、テレビを消したり、音を小さくしたりなどの配慮をしましょう。大人の都合で生活リズムを変えないようにしたいものです。

赤ちゃんの様子(個人差があります)

幼児体型に近づく

9か月ころになると、ハイハイも上手になり、つかまり立ちを始めようとします。運動量が多くなり、少しずつ体型もひきしまってきてスマートになり、10か月頃になると、少しずつ幼児体型に近づきます。

つかまり立ちができる

赤ちゃんはつかまりやすいものを見つけて、自分で立ち上がろうとします。最初はうまくできないでひっくり返ったりしますが、徐々にうまく立てるようになり、10か月頃には、ひとりでも立てるようになることもあります。

ますます好奇心が旺盛に

行動範囲が広くなり、指先もかなり器用に使えるようになります。ハイハイとつかまり立ちを繰り返しながら、部屋中を動き回って引出しを開けたり、中の物を取り出し、つまみ上げたり、投げたり、口の中に入れたりします。毎日いたずらを繰り返しては、ママやパパ、ご家族の方を困らせますが、それも好奇心や探究心が旺盛な証拠。知能が順調に発達していることの現れです。赤ちゃんが危険なことをしようとしたら、いきなりそれを止めるのではなく、「これはイタイイタイだよ」「これは熱くてやけどするよ」などと声をかけましょう。少し真剣な顔ではっきりと理解させるようにし、繰り返し伝えることが大切です。

伝い歩きができる

10か月の終わり頃になると、つかまり立ちができるようになります。11か月頃になると、つかまりながら、徐々に歩くようになります。2~3歩であれば、つかまらずに歩ける赤ちゃんもいます。しかし、まだまだ危なっかしく、ちょっとバランスをくずすとハイハイになってしまいます。この時ママやパパは、手を出すのではなく、声をかけて励ましてあげましょう。「がんばれ!」と励まされることによって、赤ちゃんは勇気が出て、成功の喜びも大きくなるものです。

指先が器用になる

個人差もありますが、指先が器用になってきて、コップを上手に持てるようになり、紙を破いたり、ティッシュペーパーを引き抜いたりなど、いたずらも盛んになります。

育児ポイント

母と子のスキンシップを大切に

母乳を与えることは、母と子のスキンシップです。母乳が十分に出なくても、互いの愛情の確認とふれあいの時間でもあります。母乳を与えることを止めることを、「断乳」、赤ちゃんの方から欲しがらなくなり、離れていくことを「卒乳」と言うことがあります。赤ちゃんが自然に離れることを待つのも大切です。気になることがあれば、悩まずに、周りの人に相談しましょう。

歯のケア

歯が生え始めたら、食後や授乳後に湯ざましを与えたり、ぬらしたガーゼで歯の汚れをふきとったりしましょう。食後に習慣づけることで、スムーズに歯みがきが始めやすくなります。

・歯みがきタイムは楽しい時間に!

歯みがきタイムの工夫として、「歌を歌いながらすると子どもが楽しんで口を開けてくれました。」決まった時間にすることで一日の流れができています」「お気に入りの歯ブラシを使うと、子どもがご機嫌です」‥などが先輩ママからの提案です。わが家では!の工夫をして育児を楽しみましょう!

歯みがきスタート

歯が4本くらい生えてきたら、歯みがきのスタートです。赤ちゃんをひざの上にあおむけに寝かせ、赤ちゃん用の歯ブラシで力を入れないように軽くみがきます。嫌がる時は、ガーゼを使って汚れをふき取ってもかまいません。まずは、歯ブラシを口に入れることから始めましょう。あせったり、急ぎすぎたりしないことが大切です。少しの時間でも、歯みがきができたら、しっかりほめましょう。

自分の力で食べる

赤ちゃんが自分の力で食べたがる時期でもあります。料理したものを、テーブルの上だけではなく、辺り一面にこぼしたり、汚してしまうこともありますが、この時期は汚れることを覚悟して乗り越えましょう。いすの下にビニールシートや新聞紙を敷くなどの工夫をすると、汚れても処理が簡単です。着替えの洋服やタオルなどを準備しておくと、もしもの時も安心です。

離乳食の完了期

離乳食も、完了期を迎えはじめるころになります。完了期とは、形のある食べ物をかみつぶして食べることができるようになり、朝・昼・夕の3食で、母乳や育児用ミルク以外の食べ物から、栄養の大部分をとることができるようになった状態を言います。食事としては、1日3食のほかに、1~2回の間食が目安です。規則的な食事のリズムで、生活リズムを整えましょう。家族で楽しく食べることも大切です。

・イヤイヤ!の時もあります

一生懸命作った離乳食。中でも、見慣れない食べ物は嫌がることも。何回か口まで持っていき、トライした後は、無理をしないことも大切です。別の日に改めて再挑戦しましょう!

絵本の読み聞かせを!

絵本の読み聞かせを通して、言葉を覚えます。パパやママや家族が読み聞かせることで、情緒が安定します。絵本を繰り返し繰り返し読むことで、知識を得ることにもつながり、赤ちゃんの世界も広がります。夜寝る前に読むこともいいでしょう。

自分の時間をつくりましょう!

「子どもがいるから、○○できない‥」ではなくて、子どもがいても、「自分の時間」を作り出そうとするパワーを持つことは大事なことです。わずかな時間でも、親が楽しむ時間を作って過ごしましょう。大好きな自分の時間を過ごした後の、パパやママのご機嫌な気持ちは、子どもにも伝わります。(保育士 松下 みゆき)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です