※通院中、治療中の方は主治医にご相談の上、参考にしてください

保育園給食の栄養&レシピ 記憶力(DHA):青魚

イワシのかば焼き

材料(大人2人分+子ども2人分)

イワシ 4尾
小麦粉 大さじ1
植物油 大さじ2
A みりん 小さじ2
しょうゆ 小さじ1強
砂糖 小さじ1

作り方 156kcal・塩分0.4g

1、イワシはよく洗い、頭をとって手開きし、小骨を取り除く。小麦粉をまんべんなくまぶす。

2、フライパンに油を熱し、中火でイワシを両面きつね色になるまで焼く。

3、Aを回しかけ、とろみがついたら火を止める。

鯖缶のサラダ

材料(大人2人分+子ども2人分)

サバ缶(水煮) 1缶
大根 10cm
水菜 半束
マヨネーズ 大さじ1
かつお節 5g
ゴマ 適量

作り方 

1、大根は細切り、水菜は3cmにする。

2、ボウルに水を切った野菜と残りの材料をすべて入れて混ぜる。

DHAについて

脳の中で記憶をつかさどる部分である海馬には、他の部分よりも多くのDHAが含まれていると言われています。さらにDHAは判断力や集中力の向上にも効果があるとされています。

DHAは脳の神経細胞の表面の膜を構成しており、これが常に柔らかく保たれることで情報がスムーズに伝わるよう伝わるようになっています。細胞膜が固くなってしまうと情報伝達がうまくいかず、忘れっぽくなったりします。細胞膜は常に新しいものに生まれ変わっているため、柔らかい状態を保つためには材料となるDHAを絶えず摂っていく必要があります。

青魚にはたくさんのDHAが含まれていますが、脂肪分とともに外に出てしまいますので、小麦粉で閉じ込めたり、缶の中に溶けだしている油は使うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です