※通院中、治療中の方は主治医にご相談の上、参考にしてください

離乳食中期 オートミールの使い方:7倍がゆ・食パン・うどんと栄養素を比較してみた

オートミールを食べてみました

オートミールが人気と聞いて、離乳食として使えるか?離乳食教室終了後に管理栄養士仲間で試食をしてみました。購入したのはフランス製オートミール。お湯で柔らかくすることも出来ますが、今回はだしを使って柔らかくしてみました。だしは急須でも簡単に取ることが出来ます。かつおパックを茶葉のように熱湯をかけておいておくと、だしが取れます。その時に蓋はしないでください。かつおの臭みがだしに残ってしまうからです。鰹節や昆布でだしをたくさん作って、製氷皿で固めて、冷凍庫で保管して、1個づつ使う方法もあります。

7倍がゆとオートミールの栄養素比較

オートミールはすりおろしても、粒が残ってしまうので1回食のゴックン期での使用は難しいように思います。中期モグモグ期になったら、主食として使っていける食材です。

中期になったら、1食につき、7倍がゆ50g~食べられるようになるといいですね。今回は、お米10gに7倍のお水70mlで炊いた、7倍がゆ70gとオートミール10gの栄養価の比較をしてみました。

7倍がゆの栄養成分(1食70g、お米10g)

熱量35.8kcal、たんぱく質0.6g,脂質0.09g、糖質8.3g、食物繊維0.05g、ナトリウム0.1㎎

~参考資料:日本食品標準成分表7訂~

オートミールの栄養成分(1食10g 約大さじ2当たり)

熱量35kcal、たんぱく質1g、脂質0.85g、糖質10g、食物繊維1g、ナトリウム0.1㎎

脂質と食物繊維の含有量が大きく違っています。脂質は10倍、食物繊維は20倍です。7か月で10gのオートミールをおかゆとして使ってしまうのには適切ではないと思います。便秘気味な赤ちゃんにオートミールを使うのであれば、まずは1gくらいをおかゆに混ぜて使うことから始めてみてください。

離乳食が進んでくると、母乳やミルクの水分が減り、便秘気味になる赤ちゃんんがいます。離乳食後に母乳やミルク、またはお茶や白湯で水分補給をしていただきたいのですが、それでも便秘が解消できない場合はオートミールを活用してもいいかもしれません。下痢にならないように赤ちゃんの体調に合わせて、上手に使ってください。

食パンの栄養成分(1食15g当たり)

熱量40kcal、たんぱく質1.4g、脂質0.66g、糖質6.66g、食物繊維0.35g、ナトリウム75㎎

うどんの栄養成分(1食30g当たり)

熱量32cal、たんぱく質0.78g、脂質0.12g、糖質6.24g、食物繊維0.24g、ナトリウム36㎎

それぞれの主食食材で栄養素に特徴がありますね。2回食になったら、主食を変えてみることで離乳食の幅も広がりそうです。味覚の形成にとっても大切です。オートミールにも是非、チャレンジしてみてください。
(管理栄養士 こざわさなえ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です